川崎市黒川青少年野外活動センター  
 
 2011年度実施の記録


はじめての
おとまりキャンプ

 2011年7月9日(土)〜10日(日)
 参加者の記録
1年生 15名
2年生 16名
3年生 17名
スタッフ11名


合 計:59名

 
 
 1日のスケジュール <1日目>
10:00 開会式
11:00 レクリエーション
12:00 昼食
13:00 竹クラフト作成
15:00 宝さがしゲーム
16:00 アウトドア
        クッキング
19:00 ナイトハイク
    シャワータイム
21:00 就寝
 
<2日目>

06:30 起床
07:00 早朝ハイク
(真光寺公園)
08:00 朝食・荷物整理・掃除
09:30 ネイチャーゲーム
11:00 バードコール作り
12:00 流しソーメン
13:00 グループタイム
14:00 閉会式
14:30 解散
  
 
 

【1日目】開会式

ちょうど梅雨明け宣言が出され、早くも夏本番といった雰囲気。
今年も市内の小学1〜3年生の48人の子ども達が集まってくれました。
今年はなんと5倍の応募でしたが、その中を選ばれただけあって、みんなやる気満々!
開会式では、キャンプのテーマ『チャレンジ』が発表され、ワクワク・ドキドキが高まる中、元気にキャンプが始まりました。

 なかま作りゲーム〜お昼ごはん
じゃんけんゲームは大盛り上がり。その後の自己紹介タイムや木札づくりで、お互いの距離がどんどん縮まっていきました。
グループで輪になってお弁当タイム。カウンセラーも交えて、会話も弾みます。

 竹カップ作り〜おやつ 
竹をちょうどよい大きさに切りだして、竹カップを作ります。のこぎりは初体験の子がほとんど。でも苦労した分、愛着がわくってもんです。ドリルで穴を開けてもらって、最後にひもを通せば、世界で一つだけ、マイカップの出来上がり!
        がんばった後は、お
やつに冷えたスイカ
が登場!がつがつを
食べてエネルギーチ
ャージ!


宝探しゲーム・アウトドアクッキング
お次は宝さがしゲーム。たくさん集めたグループから、カレーのトッピングを選べるとあって、みんな気合十分!

夕食はキャンプの定番カレーライス。美味しくできるかどうかは自分たち次第です。 包丁がはじめての子も、集中して野菜を切っていきます。チャレンジ、チャレンジ!
みんなの力が合わさって、カレーは無事完成!「いただきま〜す!」やっぱり自分たちで作ったカレーは最高だね。


ナイトハイク〜おやすみ

いつの間にか暗くなったどんぐり山。さあ、お楽しみのナイトハイクに出発です。
班で1つのサーチライトを持ち、ピカッっと光るポイントを照らして見つけながら、夜道を歩きます。
最初は怖がりながらのスタートでしたが、ゴールでは「楽しかった」「もう一回歩きたい」という
感想がたくさん聞かれました。今日はいろいろなチャレンジをしたので、熟睡間違いなし。
みんな、どんな夢を見たのでしょうか・・・。
 
 
【2日目】
早朝ハイク〜朝ごはん
「おはよー!」朝からさっそく、真光寺公園へハイキングに出発! 公園に着くとすぐにおにごっこやお花摘みなど、やりたいことに没頭。
センターに戻ったら
お腹ペコペコ〜。も
りもり食べて、午前
の活動に備えます。
 ネイチャーゲーム〜ダックコールづくり

ネイチャーゲームの1つ『カモフラージュ』自然の中には無いはずの物がかくれているよ。見つけられるかな!?
もう1つは、『コウモリとガ』。目隠しをしたコウモリが、音を頼りにガを捕まえます。さあ、つかまえるぞ〜
ダックコールはアヒルの声に似た音が出る笛。完成すると、『ブォッ、ブォッ』とグラウンド中が鳴き声だらけ!
 
流しそうめん

お昼はお待ちかね!流しそうめんです。たくさんのチャレンジを乗り越えてきたみんなへのご褒美だね。1日目に作ったマイ竹カップで食べるそうめんは、最高に美味しそう!そうめんのほかにも、巨大トマトやみかん、最後はデザートまで流れてきて、大盛り上がりでした。

 
 閉会式〜黒川作文発表
最後のチャレンジはくろかわ作文。
はじめておとまりの8文字を頭に、キャンプの出来事などを織り込んだ8つの文章を作文し、
閉会式で全班とも立派に発表を終えることができました!!
発表後のみんなは、安心した様子とともに、やりきった達成感がにじみ出ていました。


*担当スタッフより*

全力で楽しんで、あっという間に終わった『はじめてのお泊まりキャンプ』。お家や学校ではなかなか出来ない体験をたくさんしました。一人ひとりがいろんなチャレンジをし、一生懸命がんばる姿、そしてまぶしい笑顔をたくさん見せてくれました。
チャレンジするのは、勇気がいること。だからこそ、できたときの達成感は大きく、それが自信につながっていくのだと思います。これからもいろんなことに挑戦して、またセンターに遊びに来たときには、一回りも二回りも成長した姿を見せてほしいと思っています。・・・さあ、みんなで、『チャレンジ!!!』


TOPに戻る